『誰もがそれを知っている』感想 隠し通せなかった秘密

結婚パーティで、まさかの誘拐


対極にある状況が連想ゲームのように
次々と現れる…パラドックス。

都会、田舎
夫、妻
富裕層、貧困層
情報提供、秘密
今、昔
正義感、依存心
内輪、傍観者…

”葛藤の極み”と言えば
ファルハディ監督。

本作の深層心理への迫り方も最高。
容赦のない描き方はさすが。

被害者はもはや個人だけでなく、
関係者全ての人々に広がっていく…
妬み・嫉みがもたらす悲劇。

真っ黒な状況を、
真っ白に隠すラストがスゴい。


2018|アスガー・ファルハディ|再鑑賞
スペイン・フランス・イタリア

誰もがそれを知っているBlu-ray


▼関連記事
cinemarble.com