『家へ帰ろう』映画感想 聞いた話じゃない、この目で見た

人生の終盤、彼は思い出す。
命を救ってくれた友との
約束を果たしていないことを…

アルゼンチンからポーランドへ。
道中に出会った他人のあたたかさに
ほっこりする。

ユダヤ人の彼が
絶対にドイツを通りたくない、
という気持ちは当然だろう。

だが、意外な出会いにより
”かたくなな気持ち”を手放すことに…
この心情を描いた作品って
今まで観たことがない!!

人は苦しみを忘れない。
だが、
助けられた感謝の気持ちもまた、
忘れないものである。

「家(うち)へ帰ろう…」
70年ぶりに再会した友の
あたたかさにも涙。


2017|パブロ・ソラルス

家へ帰ろう [DVD]