『第三夫人と髪飾り』映画感想 人は仏の陰に積もる塵

運命には逆らえない。

運命を受け入れ、
自然な流れに身を任せる姿には
美しさや平穏を感じる。

だが、約束ごとを
守れる者ばかりではない…

人間社会では
妬みや嫉妬、叶わぬ希望などが
沸々と湧いてくるのも、
どうやら自然な流れらしい。

ラスト、赤ちゃんに
黄色い花を与えようとする姿には
胸が痛んだ。

思い通りにならなければ
絶望しかないのもまた、
人間なのである…

運命に抗うことはなくとも、
幸せが確約されている訳ではない。


2018|アッシュ・メイフェア

第43回 トロント国際映画祭 NETPAC賞
第66回 サンセバスチャン国際映画祭 TVE - Another Look賞 
                        …&more

第三夫人と髪飾り [DVD]