『東海道四谷怪談』映画感想 許せ、俺が悪かった

男のエゴに引っ掻き回された
女の不幸…
お岩さんの恨みの念、
しかと堪能させていただきました...

怪物化するお岩さんの姿より
斬っても斬っても断ち切れぬ、
つまり、
終わりのないストーキング行為が
何とも言えない恐怖。

父の仇という思いもあっただろうが
それ以上に、
裏切られた悲しみが深かっただろう。

自分のエゴのために
愛した女に毒を盛る男の苦悩も、
若き天地茂に滲み出ていた。

自分の過ちを認め、許しを乞う姿…

お岩さんの願いが叶う最後は
意外にも、私的には
気持ちスッキリラストだった。


1959|中川信夫

東海道四谷怪談 HDリマスター版 [Blu-ray]