『マディソン郡の橋 』感想 道なき森に足を踏み入れる


大人の恋が難しいのは
自分の立場や世間の目、未来すら
予想できてしまうところにある。

暴走する気持ちを止められない
若い頃とは違い、
何を選ぶべきかという難しい選択を
自らに課すことができる。

短期間での熟考には
胸を焦がす思いだった。

お手本のような良妻賢母だった
彼女の生き方は、
彼女自身が選んだこと。

でも、生涯忘れることのなかった
永遠の4日間...
それこそが、
彼女の人生の意義だったのかも。


1995|クリント・イーストウッド

マディソン郡の橋 [Blu-ray]