『最善の人生 』映画感想 幸せになるために選んだ悪

親も先生も友だちもみんなバカ!

この世代*1のアイデンティティ、
激しすぎるモヤモヤ感が
異常に刺さる作品だった。

オーディションを受ける気満々の子*2
大人に混じってたくましく働ける子*3
その狭間にいる、至って普通の子。

自分の高校時代を思い出し、
胸が痛くなった…

うっとおしい、偽の希望。
踏み躙られた祈りの悔しさ。

自身のバカさに気づいた
ラストの号泣に、
私も嗚咽がこらえきれなかった…

彼女の正義にも共感。


2019|イ・ウジョン
コリアン・シネマ・ウィーク2021

https://youtu.be/WjJ6pdVeOAg

▼関連記事
cinemarble.com

*1:高校3年生

*2:タレント志望のお嬢さま

*3:未成年ながら、水商売…