『山〈モンテ〉』映画感想 自分より大きな存在と闘う覚悟

どんなに真面目に行動し、祈っても、
祈りが聞かれないことがある。

声が届いていないのか、
叶えるに値しない願いなのか…
神のご意志は不明だし、
絶望感は半端ない。

自分の力を超える大きな存在と、
どう向き合い、立ち向かうのか。

人生にはそんな局面が
何度か訪れる…

人の助けは当てにせず、
できることを地道に続ける父子に
胸打たれた。

私が好きな日本のことわざに、
”涓滴岩を穿つ ”
という言葉がある。

なかなか伸びないブログを続けていると
気持ちが折れそうになり、
続ける意味ある ? と思うことがある。

だが、この言葉がすっと頭に浮かび、
改めて考え直すのだ…

本作のラストには号泣した。
人生がモノクロとは限らない。


2016|アミール・ナデリ
イタリア・アメリカ・フランス合作

第17回 東京フィルメックス(2016) 特別招待作品

『山〈モンテ〉』をプライムビデオで観る