『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』映画感想

一束の古い靴下のような夫婦


人との出会いは偶然のようだけど、
それが人生を大きく左右するのだから
侮れない。

居場所がなく、
住み込みで働いた先の男性と結婚…

それでいいのか…と思っていたが、
それでよかったことがわかる。

口は悪いけど、実は優しい夫。
彼との暮らしの中で
命の輝きを感じて絵を描く幸せ。

才能を見出してくれた
サンドラの存在も大きい。

実際のふたりの写真も
幸せそうなお顔をされていて、
ほんわか、ほんわか。


2016|アシュリング・ウォルシュ

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス [DVD]