『くれなずめ』映画感想 言い忘れたこと、やり残したこと

松居大悟監督の青春映画は苦い。
ほろ苦い、ではない。
顔をしかめるくらいの"苦さ"なのだ。

スクールカーストの下位層にいる
男子の劣等感と嫉妬心。

特に、上位層(城田優)への
嫌がらせには身震いした。

本作のテーマからは脱線するが、
このシーンには絶句…

高校時代、上位層男子への嫌がらせを
何度か見たことがあって、
すっごくイヤだと思ったことがある。

バレてないから謝らない…

男の底意地の悪さって、えぐ味がある。


2021|松居大悟

くれなずめ [Blu-ray]


=メモ=

・苦味、えぐ味は、好きな人は好きなもの。私は行為そのものはイヤだったけど、それを映画の中で表現するのはイヤではなく、むしろリアルな思い出を振り返ることができて良かったと思っている。

・もうひとつ印象的だったシーンは「3秒ルール」。コロナで大騒ぎしている2021年では絶対にできない行為なので、3秒ルールが許された時代がものすごく昔のことのように思えてならなかった。