『ジャージー・ボーイズ』映画感想 街灯下に響くハーモニー

伝説のポップス・グループ、
ザ・フォー・シーズンズ の光と影。

一筋縄ではいかない困難が続く中、
真摯にそれを受け止め
心を込めて曲を作り、歌い、
音楽を人々に届けた彼ら…

黒人ではない苦労が
白人グループにあったことにも、
サラリと触れられていたりする。

グループの存続は難しいけれど、
彼らを繋ぎ止めていたのは
ハーモニーの美しさだったのでは…

登場人物たちがカメラ目線で
状況を語るのが面白い。


2014|クリント・イーストウッド

ジャージー・ボーイズ [Blu-ray]