『インビジブル』映画感想 家族を養う為に犠牲になる人々

リスクが高くとも不法滞在しようとするフィリピン人の背景に想いを馳せた。仲間意識が高く、同胞同士で助け合いながら生きてはいるが、自分にとって良いことも悪いことも数珠つなぎ…。この作品が作られてから7年。外国人にとって日本は、もはや憧れの国ではなくなっているだろう。日本の居心地の悪さに耐えかね、海外移住する邦人が増えていると耳にしたことがある。自国外での居心地の悪さも、キツいだろうなとは思うのだけど…。

2015|ローレンス・ファハルド|日本、フィリピン

CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭
CROSSCUT ASIA アンコール
シナグ・マニラ映画祭2015 最優秀作品賞


cinemarble.com