『ハニーボーイ』感想 引きずり続けた心の痛み


更生施設で過去に向き合う時、
フラッシュバックするのは”12歳”。
思春期初期というのが絶妙だ。

子役として活躍する自分が
家計を支えているのだという自負、
母親不在の寂しさと女性への興味、
湧き上る親への反抗心、
それでも大好きな父親。

親を理解するには時間がかかる。
だが、父親もひとりの人間であり、
心の傷と格闘していた…

赦しと再生の物語。
じーんと胸熱。


2019|アルマ・ハレル

» Amazon Prime Videoで観る *30日間無料