『花椒(ホアジャオ)の味』映画感想 話さないと伝わらない

「辛味は味覚ではない」
というセリフに、あっ! と思った。

以前、鍼灸に通っていたことがあり、
その時お世話になった先生も
似たようなことを言っていたのだ。

感覚を分散させると
痛みがやわらぐのだ、と。

突然の父の死により、
妹たちや父の元愛人など
主人公は
新たな出会いに驚く。

だが、驚きつつも悲しみが分散され、
心が動かされているように思えた。

近しい人こそ、本心を言いにくい…
言葉にして伝えることの
大切さに心打たれ、涙があふれた。


2019|ヘイワード・マック || 映画館



メモ:

・アン・ホイが製作を担当

・Gが出てくる映画で驚いた。しかも飛ぶ★(怖…)

・歯痛には花椒
 (個人的には正露丸を詰めたことがあるんだけど…花椒も効くのかな)