『がんばれ!チョルス』映画感想 愛し愛され、助け助けられる

若かりし頃、私は
誰かを喜ばせたり助けたりすることを
当たり前のように思い、
嬉々としてやっていた。

見返りとかお返しを
期待していたわけではない。

だが、気づくと利用されたり
あてにされたりしていて、
愕然としてしまったことがある…

韓国も全てが善とは言えないだろう。

でも、こんな映画が作れること、
こんな世界を
信じられる国であることに、
私は憧れる。

助けてもらえたことに感謝して
感謝の輪が循環する社会。

愛し、愛され、助け、助けられる…

私の住む国も、
それが当たり前になりますように。


2019|イ・ゲビョク

がんばれ! チョルス [DVD]