『ケミカル・ハーツ』映画感想 愛は化学反応だから

最愛の彼氏を失い
立ち直れない彼女を愛してしまう、
高校生男子のお話。

主人公が優しくて誠実なだけに、
難しい展開が切なく心を揺さぶる。

17歳でこの状況は厳しい…

喪失の悲しみは1年くらいじゃ
越えられないと思うから。

愛は化学反応。
現れては消えるもの…

私が決めることじゃないけれど、
彼女のこれからの人生に
こんなに優しくて誠実な男性って
もう現れないかもしれないよ。

後悔するのは、彼女の方かも。


2020|リチャード・タンネ

» Amazon Prime Videoで観る *30日間無料

Amazonオリジナル映画