『チェンジリング』感想 あきらめないで。あなたは戦える


権力のある立場の人に、
”なかったこと”にされる恐怖に震える。

組織や行政の隠蔽、改ざん…

主人公が病院で出会った女性と
言葉を交わすシーンに
心を揺さぶられた。

彼女は暴言を吐くのだが、
「時には 使うべき言葉を使わなくては」
と、言い切る。戦士…

弱い立場の女性を押し込める
権力の暴力性について、
Me Too運動が始まるずっと前から
男性監督がそれに気づき、
映画化していたことにも驚きが隠せない。


2008|クリント・イーストウッド

チェンジリング [Blu-ray]

広告