『未成年』映画感想 残念な赤ちゃんと残念な大人たち

父親の不倫を知ったJK。
その母、不倫相手の母娘…
4人の女たちの心の動きに
胸が締めつけられる。

家族、兄弟、年齢など、
様々な角度から
事態を丁寧に見つめるJKたちが
精神的に成熟しているように思えた。

ゆるせば ゆるされるとか
恨まなければ幸せになれる訳ではなく、
大人たちのエゴも
痛々しく わかりみが深いのだけど…

友だちのいないひとりっ子同志が
閉園した遊園地に
潜り込むシーンがよき。

2000年代の韓国映画を観ているような
懐かしい感覚に惹きつけられた。


2020|キム・ユンソク

未成年(字幕版)