『たちあがる女』映画感想 剣を取るものは剣に滅ぶ

他者を巻き込まず
単独で活動する姿は潔い。

真っ当な方法では
聞く耳持たれないであろうことは
想像に難くない。

だが、
環境活動家としての意見を
正当な方法で述べないのは、
いかがなものだろう。
(これはジェンダー関係ない気がする)

文句はある、夢もある、
でも捕まりたくないって…★

独特な作風は好みだったが
主人公には共感できなかった。

むしろ、よくぞ立ち上がった!
と思うのは、姉の方である。


2019|ベネディクト・エルリングソン
フランス、アイスランド、ウクライナ
※作品の舞台はアイスランドの片田舎

たちあがる女 [DVD]