『Mank/マンク』斬新なレトロ感

私は基本的に
映画は映画館で観たい派である。
だが、昨年からは
コロナの不安もあり、VOD中心に…

フィルム作品をPCで観るのに
抵抗はあるものの、
古典名作『市民ケーン』を観た。

そして次に観た、『マンク』の
古い新しさに気づいたとき、
膝を打った。

『市民ケーン』のオマージュを
随所に感じる、”1940年代”。
あぁ、今はこういう楽しみ方が
できるのか!


2020|デビッド・フィンチャー


cinemarble.com