『水曜日のエミリア』悲しみを受け止める

悲しみの感じ方は人それぞれで、
受け止め方も人によって違う。

起こるべき全てに
どう立ち向かうべき?

人間関係がうまくいかなくなると
大人は諦めてしまうが、
子どもの感覚はちょっと違うようだ。

彼女を受入れる感覚のタイムラグが
大人たちを変える。

子どもってかわいい。


2009|ドン・ルース