欧州の映画-フィンランド映画

『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』映画感想

TUNTEMATON MESTARI/ONE LAST DEAL 映画感想/2018/95分/フィンランド/監督:クラウス・ハロ

2016東京国際映画祭 コンペティション部門 作品感想(北欧・東欧編−1)

. いよいよ、北欧・東欧編。 できればまとめて載せたかったのですが、長くなりそうなので、二回に分けてお届けします。 個人的に、北欧・東欧系の映画の人間模様の描き方は興味深いと思っています。ルーマニアのアドリン・シタル監督、女性監督のアマンダ・…

ル・アーブルの靴磨き

2011|監督:アキ・カウリマスキ|フィンランド、フランス、ドイツ

過去のない男

2002|アキ・カウリマスキ|フィンランド、フランス、ドイツ

©2015 Cinemarble / produced by 703