『麻薬王』映画感想 天国と地獄

ソン・ガンホの年齢を顧みない体当たり演技、大人の女性役が板についてきたぺ・ドゥナ…。確かな演技力を揃えた、さすがの韓国映画だ。音楽(選曲等)の素晴らしさにも感動した。”成り上がり”には運とルールがあるように、”その終わり"にもまた、そういう風になっている…と思わせるような流れがある。紙一重の弱さと強さ、往生際の悪いラスト…思わず鼻で笑ってしまう小気味よさだ。「天使と悪魔のどっちがお前を裏切ると思う?」

2018|監督:ウ・ミンホ


『ローサは密告された』映画感想 したたかに生きる

泣く子も黙る、世間の冷たさ。夜は暗いのに、さらに闇へと向かうような映画だ。その筋の人間ではなく どこにでもいるありふれた家族の物語、というところに引き込まれる。頼りない父ちゃんに比べ、ローサ母ちゃんは迫力がある。いざとなると精神的に強いのは女なのかもしれない。ラストで肉団子をほおぼる表情が最高。苦しくたって、お腹は減る。食べなくちゃ。生きていかなくちゃ。…どんな手を使っても、生き抜くしたたかさよ。

2016|監督:ブリランテ・メンドーサ|再鑑賞
第69回 カンヌ国際映画祭(2016)


『イーダ』映画感想 ユダヤ人であることを知らずに育った少女

孤児として育った彼女に、実は叔母がいた。正反対のタイプではあるが 自らのルーツを知る旅に同行してくれた肉親を、一生忘れることはないだろう…。与えられた環境の中で、ぼんやりと誓願しようとしていた彼女の顔つきが、旅を終えて キリリと変わった。人間の変化をしっかりと認識できるのは、映画の醍醐味のひとつである。第三者の客観的な目線だからこそ、それがわかるのだと思う…。モノクロの、光と影の世界が驚くほど美しい。

2013|監督:ビム・ベンダース
ポーランド・デンマーク合作


『ベルリン・天使の詩』映画感想 人間に恋する天使

「ちっとも観客の方見て歌ってないじゃない。天国ばっかり見てる!」…ライヴハウスでの日本語にドキッ!ないものねだりは天使も人間も同じらしい。天使には憧れるが、コロンボの「こっちはいいぞぉ」にも共感。つらいことや 面倒くさいこと、イライラするのが本当に嫌で、何もかも投げ出したくなることが 人間界にはたくさんある。でも、きっとそれ以上に楽しいことや喜び、好きなことがあるような気がしてきて、涙。いい映画観た。

1987|監督:ビム・ベンダース
西ドイツ・アメリカ合作


『2人のローマ教皇』映画感想 意見の異なる2人

意見の異なる2人のモノモノしい空気がいたたまれず、特に序盤がツラみ…。けれども、どうしてもお互いが必要で、それぞれ 相手の胸の内を探るようになっていく。展開が恐ろしく見事で、結末が観る前から想像できたのにも関わらず、それでも後半は幸せな涙が止まらなかった。俳優の素晴らしさも もちろんあると思うが、描き方の巧みさにやられてしまう作品であった。ピザのシーンがめっちゃ好き!つられて 私もピザが食べたくなる…。


2019|監督:フェルナンド・メイレレス

»Netflixで今すぐ観る
イギリス・イタリア・アルゼンチン・アメリカ合作

『心と体と』映画感想 相手に近づいてみる、少しずつ

序盤の食肉処理場が結構グロテスク。でも、だからこそ命の尊さを肝に命じて観られたし、ただの綺麗ごとファンタジーではない空気感が感じられた。この映画はまるで詩のようなラヴストーリーなのだけど、これまで触れたことのないような、斬新な感覚。生きること、異性を好きになることって 動物的な感覚なんだ…と 思った。誰かと夢を共有するのもステキ…。言葉ではなく 相手の感覚を感じとりながら、にじり寄っていく感じがよき。

2017|監督:イルディコー・エニェディ


『マイヤーウィッツ家の人々 (改訂版)』映画感想 葛藤する家族

芸術一家の話の噛み合わなさには、序盤からイライラする。確かに不快だし、嫌な感情ではあるのだが、私はイラつく映画が意外と嫌いではない。本作もそうで、むしろ好きな作品だった。大の男の取っ組合いのシーンの辺りから、妙に羨ましくなってくる…。どんな人間も 感情で生きている。無意識にホ・オポノポノ*1を唱えることになりながらも 全くもってクリーニングしきれない家族間問題…。予想以上にジワジワきて、涙。後を引く。

2017|監督:ノア・バームバック

»Netflixで今すぐ観る

*1:「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」の4つの言葉を唱えるだけで幸せになれるというハワイ伝統の秘法

©2015 Cinemarble / produced by 703